株式会社エィ・ダブリュ・エンジニアリング

事業内容

HOME

CAE解析

応力、流体力、振動など、見えないモノをバーチャルで見える化。

AT、CVT、ハイブリッドトランスミッションなどに求められる性能や信頼性は極めてハイレベルです。 CAE解析は、実際の製品ではなくコンピュータ上のデジタルデータを用いて、製品の強度や耐久性、熱による劣化や振動によるギヤノイズなどをFEM(有限要素法)等で解析して設計にフィードバックし、最適設計につなげています。
また、生産工程である熱処理や溶接、プレスなどの加工プロセスで生ずる熱や変形、組織変態、応力変化などの現象を可視化し、最適な生産工程を導き出しています。
更に、より高度・高精度な解析を可能にするために、さまざまな実験検証にも力を入れています。

強度・剛性・応力解析

オートマチックトランスミッションケースの強度を事前検討する為、エンジンの最大トルク発生時に各部に加わる荷重を入力し、ケース各部に発生する応力や、変形度合いを解析。

ムービーを見る

振動(固有値)解析

オートマチックトランスミッションケースの固有値を解析し、各固有振動数の周波数毎に、どの様な変形をするかアニメーションで表示。

ムービーを見る

流体解析

車両が急制動したときの、オートマチックトランスミッション内の油の流れを解析。

ムービーを見る

熱伝導解析

オートマチックトランスミッション内の摩擦材が発熱した場合、各部の温度が時間と共にどの様に変化していくかを解析。

ムービーを見る

機構解析

オートマチックトランスミッションの、主要部品を組み込み機構解析にて各部の動きを解析。

ムービーを見る

実験・検証

引張検証試験
音響実験
ハンマリング試験
3D計測
GET FlashPlayer

このウェブサイトには一部、Flashを使用しております。ご覧になれない時は、こちらからFlash Playerのダウンロードページへお進みください。